変化する物だけが生き残る

img_7289空港の喫茶店で書いています。

空港は仕事をしたり、お迎えにきたりしている人たちでいっぱい

出会いと別れが交差するところ

未来に向かって出発するところなので

誰にとっても思い出の多い場所ですね。

 私にとっても、初めての海外旅行は15歳

飛行機は乗り換えがないからねと、旅行会社の人に言われていたのに

乗り換えること3回気がついたらなんとか

目的地のロンドンヒースロー空港についていた。

 一緒にいたご夫婦も間違えるくらいだから

チケットの書き方が悪かったのか変更になったのか、

と思うけれども、その時の教訓は、なんとかなるさ」

空港が作り出すそれぞれの人に与えるドラマは計り知れない

そして、そのストーリーが忘れられない思い出になる。

 そんな楽しい思い出が旅行バッグに詰まっていたり

手帳に詰まっていたり、今はスマホの写真かもしれない。

名刺交換もほとんどしなくなったし、SNSの中に詰め込まれている。

SNSの中に埋もれないように

自分自身の仕事も大きく変化している。

尊敬する銀行の出身の方が、生き残れる企業は

時代の変化について行っている企業だけだと、、、。

ここ数年の大きな変化に

ついていくこと、取り残されそうになりながら

変わっていくこと。

きっと大切なんだな、、、とそんなことを考える午後です。

  

    懐かしい鉄人28号見つけたのは、神戸。

 

 

空室対策ならエクセルイブお気軽にお問い合わせください。

不動産コンサルタントお問い合わせはこちらから 尾浦英香公式ブログ 満室コンサルタント尾浦 英香/Twitter満室コンサルタント尾浦 英香/Facebook
ページ上部へ戻る